Izkušnja z izvenzemeljskim bitjem v sanjah - NOGI


V noči 22. 11. 2017 sem se zelo utrujen pozno vrnil domov in šel takoj v posteljo.

Nenadoma se je pred mano pojavil neke vrste zaslon. Oči sem imel zaprte, toda slika je bila zelo zelo jasna, kot če bi s fizičnimi očmi gledal televizijo.

Zaslon je prikazal ženski portret. Z nasmeškom je zrla vame ter mi poslala telepatsko sporočilo, ki je zvenelo kot: ''Dray, Dray, Dray…''. To besedo je večkrat ponovila.  

Spraševal sem se, kaj se dogaja ter jo nekaj časa samo opazoval.

Nosila je oprijeto srebrno obleko ter imela zelo velike oči, ki so bile postavljene vertikalno, njen obraz pa je bil oglate oblike.  

Iz nje so izhajale zelo pozitivne frekvence.

Zatem sem se prebudil in jo, preden bi pozabil podrobnosti, hitro narisal (spodnja slika): 


Še vedno se trudim ugotoviti resnični pomen tega posebnega dogodka, še vedno hočem vedeti, kdo je bila in kaj je mislila s temi besedami…

NOGI


Spodaj je izvorno besedilo v japonščini, ki je na voljo tudi tukaj:


"私は半年前からずっと探している人というか存在がいるんです。こうして、文字にしないと記憶が薄れてきそうな気がするので、書いちゃいますね。

その存在は、突然、テレパシー的に交信してきたんです。夢や幻ではなかったとははっきりと言えるんですが。

あれは20171122日、朝起きる前にまどろんでいた時、ちょっとした瞑想状態になっていたわけですが、瞼の内側に虹が見えたんですね。

虹が見える時、意識を保ったままにしているとビジョンが見えてくることが多いんです。

それで、その虹に入っていったら、女性が現れました。女性は自意識があって独立してるように見えました。自分の意思とは無関係という意味です。

ぱっと見、アジア系っぽいんですが、明らかに人間ではありませんでした。目が、すごく大きいんです。瞳は黒かったです。

その大きな目をパチパチさせて、小さな口は柔らかな微笑みを浮かべていました。

「え?え?なにこれ。」って思って、ぽーっと見ていたんです。背景には星空が映っていました。

そしたらテレパシーで、直接頭に声が届くんです。英語っぽい発音で「DRAY」って聞こえました。「DRAY? DRAKE? DRAIN?」最後の部分がはっきりと聴き取れないんですが、「DRAYドレーィ、ヂュレィー・・・」みたいに発してました。

で、よくわからないので戸惑ってたら、ザザッーとビジョンは消えたので、急いでメモ帳に似顔絵を描きました。

何人かにはお話させていただいて、似顔絵もお見せさせていただいたりして、その正体を知ろうと探したんですが、はっきりとは見つからず。

もし、こちらをご覧になっている方で何かご存知でしたら似顔絵もお見せしますので、教えていただけますでしょうか。

Komentarji